information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

りんご病は大人にもうつる?感染経路と感染率と予防法

投稿日:2015年12月9日 更新日:

ringo003



お子さんが集団生活を始めれば集団生活場所から何かと病気をもらってきてしまいますよね。家庭で気をつけていても、こればかりはどうすることもできません。

集団生活で「りんご病」にかかってしまうなんてことも流行りだしたら可能性は無いとはいえません。お子さんが感染したときに怖いこと。それは看病する親御さん(大人)への感染です。そこで、「りんご病は大人にも感染するのか」調べてみました!


りんご病は大人にもうつる?


結論からいうと、「大人にもりんご病はうつります」 大人が感染した場合、子どもが感染して発症するよりも重症化してしまう可能性がある病気のため、注意が必要になります。

子どもが感染して発症した場合は頬が赤くなりますが、大人が感染した発症した場合頬が赤くなることはありません。

<大人が感染して発症した場合>

・発疹(手・腕・太ももなどに赤い斑点ができる)
・かゆみ
・関節痛
・発熱
・強い倦怠感


発疹や関節痛といった症状はだいたい1週間くらいで治まっていきますが、症状が長引いたりぶり返したりすることがあります。長引いた場合でも3~4週間程度で治ることがほとんどです。

関節痛がひどい場合は指が曲がりにくくなったり、階段の上り下りが辛く日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

子どものように、頬が赤くならないので、りんご病だとわからず他の病気を間違われることがあります。

 

りんご病が大人にうつる感染経路と感染率


感染経路はすでに感染している人の咳やくしゃみから吸い込んでしまう「飛沫感染」と皮膚やてすりなどについたウイルスに触ることで感染する「接触感染」。感染から発症まで潜伏期間は10~20日程度といわれています。

感染率はとても高い病気ですが、一度感染して発症してしまえばその後再度感染発症することの無い病気です。



りんご病にならないための予防法


○マスク着用

飛沫感染で感染するので、マスクを着用しましょう!潜伏期間があるので、自覚症状の無い人は感染していても外に出歩いてしまいます。マスク着用をして感染予防しましょう。

○手洗いを手を徹底する

りんご病は飛沫感染だけでなく接触感染もします。よく泡立てた石鹸を使って爪や指の間までしっかり洗うようにしましょう。

○患者との接触を控える

お子さんが感染発症した場合は看病する親御さん意外の接触は控えるようにしましょう。家族全員感染してしまうことを防ぐためです。

特に妊婦さんの場合は感染すると週数によっては流産の危険性も出てきてしまいます。妊娠している親御さんが看病する際は、しっかりマスクを着用してケアをしたらマスクを捨ててうがい手洗いを行いましょう。

ringo005

まとめ


・りんご病は大人にもうつる病気!
・飛沫感染、接触感染で感染!
・マスク着用、手洗いを徹底!



りんご病って子どもだけの病気ではないんですね。大人にも感染して、大人のほうが重症化してしまう怖い病気。

りんご病が流行りだしたら極力外出を避けるかマスク着用をして、必ずあちこち触らずにうがい手洗いを行いましょう。免疫力が弱まっているとかかりやすくなりますので、規則正しい生活を心がけましょう!







-健康と医学
-, ,

執筆者:

関連記事

ジャンパー膝の原因とよくある症状と治療方法とストレッチ方法

その膝の痛み腫れ、運動をしている方はジャンパー膝かも?   ジャンパー膝とはよく脚を使い、飛び跳ねる競技をしている方は注意したいスポーツ病です。 人間の体は運動をしないと弱ってしまいますが、 …

ルイボスティーで妊活!妊娠しやすくなる5つの秘密とは?

ルイボスティーで妊活・ベビ待ちされる方が増えています。ルイボスティーがなぜ妊活中・ベビ待ちの女性に人気なのか?ルイボスティーの5つの秘密をお話しましょう。 ルイボスティーで妊活・ベビ待ち!妊娠しやすい …

ニコチン依存症の症状と治療 その治療期間とかかる費用について

ニコチン依存症のチェックと対応、調べてみました   喫煙習慣がある人にとっては、このニコチンの依存症は常に隣り合わせの症状と考えるべきものです。 仕事の休憩時間のホッと一息のつもりが、気づけ …

しもやけの予防と対策!しもやけになった時の効果的な治療法とは?

しもやけになるのはなぜ?しもやけになりやすい人はこんな人! 寒さは自然現象とはいえ、生活の大敵の要素ですね。バテる事こそ無いですが、空気も乾いて、体も固まって、とろくなことがありません。 寒さで辛いの …

麻美ゆま 境界悪性卵巣腫瘍 症状

出典 http://prtimes.jp/topics/keywords/FES 女性特有の病気として乳がんや子宮がん、卵巣がんななどの婦人科系の病気が挙げられます。昨今では、女性の社会への躍進が進み …

楽天市場