information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

痔の症状と種類とジオン注射(ALTA療法)とは?

投稿日:2013年8月14日 更新日:

痔をあなどることなかれ




今では身近になった痔ですが、場所が場所なだけに、なかなか病院に行けずに、1人で痔の痛みや出血に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?



市販されている痔の薬にも良いものがありますが、自分の痔の種類に合ったものを使わないと効き目はありません。

痔でお悩みの方は勇気を出して病院に行き、専門医の診察を受けましょう!

痔の種類と症状

痔の種類には大きく分けて3つあります。

1.痔核(いぼ痔)2.痔ろう3.裂肛(切れ痔)の3つです。

痔核には内痔核と外痔核があります。

一般的には「いぼ痔」と呼ばれ、内痔核を指すそうです。

内痔核は痛みはほとんどないのが特徴ですが、「内痔核」の症状としては、排便時に痛みのない鮮血の出血があります。

ひどくなると排便の度に出血が伴います。

そして、内痔核が露出して、指で戻さないといけなくなります。

「外痔核」の症状としては、「血栓性外痔核」と呼ばれる症状があります。

トイレでの排便で強くいきんだ後や 椅子に座るなど、長時間同じ姿勢を続けた後などにお尻が痛くなり、肛門の周囲に血豆ができます。

「痔ろう」の症状としては、肛門の脇に痛いしこりができ、触れると痛みが伴います。

そのしこりの中には膿が溜まっていて、その膿を出すと痛みは和らぎます。

「裂肛」の症状として、文字通り肛門が裂けて出血します。

便秘で硬くなった便を排便する時によくなります。

軽い裂傷であれば自然治癒で治りますので、さほど心配はないようです。



痔の最新治療「ジオン注射(ALTA療法)」

痔疾患の中でも、最も多いのが内痔核だそうです。ひどい痔の治療ですと、痔の手術がありますが、「痛い」「入院しなければならない」のイメージがありますが、最近の痔の治療では、ジオン注射(ALTA療法) という注射が普及してきました。

ジオン注射は、ジオンの有効成分である「Aluminum Pstassium Sulfate Hydrate Tannic Acid」の略称を使い、「ALTA療法」とも呼ばれます。

ジオンの主成分は、硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸という成分です。

痔核に直接、ジオンを注射して収縮させる治療方法です。

早い方ですと、翌日に効果が出て、痔核の症状が改善されるそうです。

ひと月もあれば、 内痔核のほとんどが収縮するとのことです。

このジオン注射(ALTA療法)は局所麻酔だけで済み、外来での治療が可能です。

よって、入院の必要はないのです。

従来の痔の手術ですと、約2週間の入院が余儀なくされましたが、外来治療の30分ほどで済みます。

しかし、残念なことに従来の手術と比べると簡易になった分、再発率が高いそうです。

あと、このジオン注射(ALTA療法)は内痔核 だけに適応されます。

痔の治療の基本


痔の治療の基本としては、規則正しい生活習慣と無理のない排便です。

アルコールと辛いものなどの刺激物は痔の治療の妨げになります。

また、いきまないと排便できないのも痔核をうっ血させ、大きくさせます。

無理のない自然な排便が理想です。

病気は早期発見、早期治療が一番です!
気になることがあれば、お医者様に相談しましょう!







-健康と医学

執筆者:

関連記事

サラサラ鼻水が止まらない!風邪か花粉症?原因と対処法は?

朝起きたら何だかサラサラの鼻水がとまらない!!なんてこと1度は経験したことないでしょうか?昨日まではこんなことなかったのに、この鼻水って何だろう?突然出てきたサラサラ鼻水。 原因と対処法について調べて …

妊婦の風邪の治し方!鼻水、咳、頭痛を安心安全に治す秘訣

妊娠して一番大変こと。それは「体調管理」です。妊娠したら、赤ちゃんへの影響を考えて、風邪でも薬を飲むことが簡単には出来なくなります。そこで、妊婦さんが風邪をひいてしまったときに安全に治す方法について調 …

クエン酸水の作り方と保存方法!その効果と飲む方法とは?

最近、体や環境に優しく手軽に手に入るということで「クエン酸」が話題ですよね。実は、このクエン酸、本当によく出来た魔法の粉なのです。 掃除に使っても良し!飲んでも良し!この「クエン酸」が疲労回復に効果が …

ニコチン依存症の症状と治療 その治療期間とかかる費用について

ニコチン依存症のチェックと対応、調べてみました   喫煙習慣がある人にとっては、このニコチンの依存症は常に隣り合わせの症状と考えるべきものです。 仕事の休憩時間のホッと一息のつもりが、気づけ …

脳梗塞の症状と原因と予防!脳梗塞の前兆を見逃がさない!

脳梗塞は若くても油断は禁物! 寒いこの季節、この時期に発生しやすい脳梗塞。どれだけ危険でも、外から見えないだけに意識することも少なくなりがち。 ある日突然、脳梗塞の症状に見舞われて、言葉、体や手足の自 …