information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

寝てる時に足がつるのはなぜ?何かの病気の前兆かも!?

投稿日:2015年9月26日 更新日:

1af40001acafe9fa2f537d841edbb087_s



寝ている時に何気なしに襲ってくる足元の違和感。それは悪くすると凄く痛い足のつりになってしまうかもしれません。

こむらがえりと呼ぶと分かりやすいと思いますが、これは足がつる症状の一種です。足がつってしまうのは若い人から高齢者まで実は年齢を問わないものです。

その原因は何なのでしょうか?実は病気が引き金かもしれない足のつりについて調べてみました。


足がつる理由は?スポーツしている時や妊婦さんが足をつる原因とは?

足をつる理由には、若い人、それこそ小学生の子供たちから高校生くらいまで開きがあります。

しかし、足がつることが多いのは部活などで走り回ったりして激しい運動をしている機会に多いのではないでしょうか?

山を上下したり、そこまでしなくても普段は歩かないような距離を歩いたなども考えられます。

それに対して妊婦さんの場合は、一番大きいのは赤ちゃんの成長で骨盤が横に広がるといったことや、お腹が大きくなることで普通に立っている為の姿勢とバランスのとり方が変わることにあります。

背中、腰、足の筋肉、そして骨に至るまで引っ張られる変形するという状態になるので足の筋肉に自然と負担が掛かっています。

運動中も妊娠中も、筋肉に大きく負担が掛かっているというのが共通の理由になります。

 

夜中の就寝中足がつるのはなぜ?足がつった時の対処法は?

寝ている時に足がつるのは、足をしっかり伸ばしているという状態の時になりやすいようです。

実は足がつってしまうのは足が伸びている時で、ふくらはぎの筋肉も伸びています。その姿勢がまさに足がつってしまうのに格好の条件になっていると言います。

この姿勢のままでいることはまさにいつ足がつってもおかしくない状況に置かれているということになります。

それが起こらないのは自然と寝返りを打つなどして筋肉を伸び縮みさせているからです。人の体というものはうまく出来ているものですね。

 

足がつるのは何かの病気の前兆かも?どんな病気が関係しているの?

病気によって足がつってしまう事には様々な病気が挙げられます。命にかかわる中では血栓が出来たとき。要は血流が悪く血管が詰まったときです。

脳梗塞や心筋梗塞が一番命に関わる足のつりに関連した病気でしょう。血流が悪くなっている時にはまず手足の冷えが現れます。

脳梗塞の場合には手足のマヒが出てきたりします。血行不良で筋肉が冷えてしまうと自然と足がつりやすくなってしまいます。

他にも甲状腺の病気も考えられますし、次に述べる糖尿病もまた病気が関連したものとして考られます。



足がつる原因のひとつは糖尿病?その原因と対処法は?



糖尿病も発症に気が付きにくいのですが、足のつりを繰り返すのと同時に、手足がしびれたり異様に喉が渇くといった症状があります。

糖尿病そのものは小さな子供でも発症する病気ですから年齢だけでは判断が出来ません。糖尿病を発症した時の特徴は喉が渇き、いくら飲んでも渇きが解消されないというのが最も分かりやすいものだと思います。

運動のし過ぎに対してこちらは運動不足が原因になっており、適度な運動も大切ということになりますね。

日ごろからカロリーが高い食事、飲酒、喫煙の習慣が有って、運動不足。これらに重ねて足がつることが頻発している時には糖尿病を疑ってみた方が良いかもしれません。

糖尿病はあくまでも疑われる例の一つです。
足がつったからいきなり病気と関連付けるのは難しいですし、却って神経質になり過ぎとも言えるでしょう。

大きな原因はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが不足してしまう事です。運動では汗をたくさんかきます。

妊娠していれば赤ちゃんがお母さんの体から育つための栄養を吸収します。眠っている間にもコップで1杯の汗をかいています。

状況は違っても足のつりを引き起こす原因は同じなんです。スポーツドリンクや麦茶などを飲むのがこれらのミネラル分と水分を補給するのに一番簡単な方法でしょう。

小魚や海藻、ナッツにも含まれているので普段の食事やおやつに食べ過ぎにならないように取り入れてみましょう。

予防の為に普段から運動前のストレッチや、ふくらはぎの筋肉のマッサージを欠かさないようにしましょう。症状が出てしまった時には、痛いですが足首を引っ張って曲げるなどします。

 

足のつり、こむら返りの対策 まとめ

・水分とミネラルの補給をすること!
・日ごろから適度な運動量をこなすことを心掛ける
・マッサージやストレッチの手入れも欠かさない
・症状が起こった時にはふくらはぎをゆっくり伸ばす

 

足のつりで痛い思いをしないためにも心がけたいこと

肩が凝ったときに筋肉が固まって、これもまた痛くなりますよね。腰が痛い時も叩いたり、意識せずに揉んでいたりするものです。

ふくらはぎとなると意外と手をかけていないことが多いのではないでしょうか。

昔部活をやっていたころにはストレッチはまさに習慣でした。それを思い出すと足がつる、こむら返りといったものとは却って縁が無かったように思います。

日ごろから家事や仕事でも筋肉が緊張している時が多い時には足のつりが起こらないよう事前の予防を心がけておきたいですね。







-健康と医学
-,

執筆者:

関連記事

口内炎の治し方!早く治すにはビタミン・イソジン・ケナログがいい!

虫歯も歯肉炎も歯槽膿漏も口内トラブルですが、これまた辛いトラブルが口内炎ですよね! よくきっかけになるのは口の中を噛んでしまうことだと思います。一度ならまだしも運が悪いと繰り返し同じ場所を噛んで次の日 …

寝起きに起きる腰痛の原因と対策と腰痛ストレッチ

寝起きに起きる腰痛の原因と対策 寝るときの横になった瞬間の腰の違和感、それに起きようとした時の腰にその上に背中にまで広がる痛み。 私も最近よく味わっています。毎日でないのが幸いという位で、痛い時は慎重 …

ピロリ菌の症状と検査と除菌について 

ピロリ菌の正式名称 梅雨も明けて暑い夏が来ましたね。でも、ジメジメと湿気の多い暑さがしばらくは続きそうです。熱中症と食中毒には気をつけたいものです。 食中毒の原因といえば、細菌、ウイルス、自然毒、化学 …

指の皮が剥ける原因 考えられる病気とその治し方とは?

指の皮が剥けてしまう原因 子供の頃からのクセ?病気? 一言で指の皮が剥ける原因と言われると、病気になってしまったのか、それとも癖なのか、もっと別の原因があるのか。大雑把に分けただけでも3つは出て来ます …

流行り目の子供の症状と原因は?治療法と予防法は?

保育園や幼稚園での集団生活は小さなお子さんにとっては楽しいことも多いですし、大人も安心して仕事に出掛ける事が出来ます。 その反面、流行性の病気が発生すると広がってしまうのもあっという間!今回は集団感染 …