information base

~情報発信基地よりあなたへ~

ペット

犬用マイクロチップの費用 ペット保険にはマイクロチップ割引もあり

投稿日:2015年5月10日 更新日:

犬用マイクロチップの埋め込み費用と登録費用


 

愛犬へのマイクロチップの埋め込みは獣医療行為になりますので、動物病院で獣医さんに装填してもらいます。通常の注射より大きめの注射器で首の後ろあたりに装填します。

マイクロチップの埋め込むことができるのは生後2週齢からですが、犬の育ち具合などの個体差でずれることがありますので、獣医さんに相談するのが望ましいです。

気になるマイクロチップの埋め込み費用ですが、動物の種類や動物病院によって異なりますが、数千円~一万円くらいが一般的のようです。

また、別途にマイクロチップの登録費用が1,000円かかります。マイクロチップの番号や飼い主情報等を登録すると飼い主の元に登録完了通知が届きます。

すでにマイクロチップ装填済みのワンちゃんをペットショップにて購入した場合はお店の方で手続きの代行をしてくれます。

ちなみに、ペット保険にはマイクロチップ割引が適用される保険もありますのでいくつかホームページのリンクを掲載しますね。

アクサダイレクトのペット保険|割引制度と保険料例

もっとぎゅっとペット保険

【ペット保険ステーション】日本最大級 ペット保険11社比較

こちらのサイトのように、ペット保険の比較もありますので、あなたの愛犬に合ったプランを選びましょう。

ペット保険の加入も早いほうがいいです。人間の保険と同じく病気になってからでは入れなくなる保険も多いので気をつけたいところです。

犬用マイクロチップの住所変更はどこで?引っ越しの時にやるべきこと

引っ越しなどによる飼い主の変更、連絡先の変更、また、愛犬が亡くなった時にはマイクロチップのデータ登録の変更が必要になってきます。

マイクロチップの申し込みをした時にもらった「飼い主控え」か「登録完了通知」ハガキのどちらかのコピーをとり、コピーしたものに変更事項を二重線で訂正する、もしくは余白に変更事項を記載して、郵送またはFAXで日本獣医師会に送付します。

万一、「飼い主控え」か「登録完了通知」ハガキの2つとも紛失などして手元にない場合は飼い主の本人確認が必要になりますので、日本獣医師会への電話連絡をすることになります。

日本獣医師会からは飼い主の変更時のみ、新しい飼い主に「登録完了通知」ハガキが届きます。連絡先の変更、愛犬が亡くなった時の届けに関して「登録完了通知」ハガキは届きませんのでお気をつけ下さい。

念の為に変更事項を記載したコピーのコピーをとって保管しておくといいかもしれません。

マイクロチップの登録データの変更を確認したい場合は、届け後2,3週間すれば日本獣医師会への問い合わせで確認できるそうです。

また、今回の登録データの変更に関しての手数料などの費用は一切かかりません。


 

まとめ
  • マイクロチップの埋め込み費用 数千円~一万円くらい
  • マイクロチップの登録データ費用 1,000円
上記2点は獣医さんにて手続き
  • マイクロチップの登録データの変更届け
「飼い主控え」か「登録完了通知」ハガキのどちらかのコピーをとり、コピーしたものに変更事項を二重線で訂正する、もしくは余白に変更事項を記載して、郵送またはFAXで日本獣医師会に送付
  • 登録データの変更にかかる費用はなし
  • ペット保険にはマイクロチップ割引きあり

以上、犬用マイクロチップの埋め込み費用とその登録費用、マイクロチップ装填によるペット保険のマイクロチップ割引き、引っ越しなどによるマイクロチップデータ登録の変更届けについてご紹介しました。

マイクロチップの装填に初期費用はかかりますが、後の変更届けも簡単ですし、なんといっても愛犬の命を迷子、災害、盗難、事故から守るためには必要不可欠なものです。

マイクロチップ割引きのペット保険なども上手に使って愛犬とのペットライフに活かしたいものですね。

 







-ペット

執筆者:

関連記事

犬用マイクロチップのメリットは?デメリットも考えると装着はNG?

私たちにとって愛犬との生活は切っても切れないものになってきていますね。 癒しの友であり、心の友ともよべるまさに家族の一員です。 最近では、迷子、災害、盗難、事故から愛犬の命を守るためにもマイクロチップ …

犬が夏バテの症状で吐く時の原因と対処法と知っておきたい予防法

犬が夏バテの症状で吐いた!?知っておきたい原因と対処法とは? 暑い夏は人間だけでなく、犬も夏バテになりやすくなります。特に愛犬が夏バテの症状で吐く時なんかは飼い主もビックリしてしまいます。そうなった時 …