information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

赤ちゃんの鼻づまり 気をつけたい症状とその対策

投稿日:2015年4月8日 更新日:

赤ちゃんの鼻づまり どうすればいい?

baby002

大人でも煩わしい症状なのが、この鼻づまりが一つですよね。風邪は勿論のこと、花粉症にでもなろうものなら、殆ど毎日のように悩まされることになると思います。

赤ちゃんのうちからアレルギーに悩まされるのも珍しくない時代ですから、鼻づまりはありふれたものかもしれません。ですが、赤ちゃんと大人の身体には大きな違いがあります。

大人は口からでも意図して呼吸できるのですが、赤ちゃんには実はこの口呼吸がまだうまく出来ないんです!

思ったように息をしていない時間が長くなってしまいます。だからといってまったく空気が身体に入らないわけではありませんが、口がふさがると今度は食事である授乳もままなりません。

結果、常に泣いていたりして夜中も寝付いてくれない状態に陥ってしまいます。赤ちゃんも消耗しますが、親御さんも眠れなくなってしまいます。その負担が主だってお母さんに来ますから、仕事がある人には敵いません。

そんなお母さんには、日常から気をつけたい赤ちゃんの鼻づまりの予防と対策ができると安心です。


赤ちゃんの鼻づまり対策 日常からしておくべき手入れ

鼻がつまらなくても、鼻の中が汚れてしまったり、鼻水が出ることは珍しくないですよね。で、鼻水もすぐ固まってしまうものです。

<綿棒>
方法は色々有りますが、一番手軽なのは赤ちゃん用の綿棒で掃除することです。赤ちゃんの鼻は小さいですから、指で取り除くのは無理ですよね。最低限は用意しておくべきでしょう。

・黄色っぽい鼻水の時には重曹水
・水っぽい鼻水の時には生理食塩水

を使って掃除するといった方法もあります。

<鼻水の吸引器>
鼻水を吸い取る道具もあるのですが、赤ちゃんが何らかの病気にかかっていた時には大人が貰ってしまうこともあるのであまりオススメとも言い難いです。当然大人から赤ちゃんに移す事態も考えられます。


<加湿>
鼻水を固めてしまわないようにするには部屋を乾燥させないのも大切。洗濯物を干したり、有れば加湿器を使ったりします。他にも蒸しタオルを顔の近くに持って行って置いたりする方法があります。乾燥した鼻の汚れを若干ながら落としやすくしてくれます。

固まった鼻の汚れは取るのが痛かったりしますからね。普段ならまめにしておきましょう。



<玉ねぎの匂いを嗅ぐ>
風邪を引いたら焼きネギを首に巻く、あるいは鼻栓をしてしまうという話は耳にしたことがあると思います。見た目はアレですが、結構効いたりします。が、実際には、玉ねぎスライスの匂いを嗅ぐだけでも十分な効果があります。

あの目にしみる成分が、鼻の通りを良くしてくれるのです。扱いも玉ねぎの方が楽ですからね!大人も辛い時に使える方法です。

baby003

赤ちゃんの鼻づまり その他の対策としては・・・

<頭を高くする>
鼻づまりの時に赤ちゃんは仰向けで寝るのを嫌がります。なので、頭と背中にわずかですが傾斜を付けるようにします。

頭ばかり高くすると、あごが下がって逆に喉を締め付けて逆効果になりますので、タオルなどを使って幅広く高低差を付けるようにします。

そのまま眠ってくれるようであれば大丈夫でしょう。

授乳時も普段落ち着かせるときも縦に抱っこした方が鼻詰まりの時には落ち着きます。

<薬を塗ってみる>
鼻が腫れた時に使う薬の代表は、咳や鼻づまりに、鼻の下に塗ったり、胸に塗ったりするあのヴェポラップです。

メントールのスースーした感覚が気持ちいいのは大人でも同じ。ある程度大きくなった赤ちゃんでないと使えないですが、他にはメンソレータムなどもスーッとします。

嫌がらなければ鼻の下に塗ってみてはいかがでしょうか。

<病院に行く>
これは症状が続くときには当たり前ですが、耳鼻咽喉科で診てもらうのが確実です。症状が続かなくても、鼻水をずっと流しているなど異変が有れば病院で確かめてもらうのが一番です。

病院の方が専用の機器もありますから、通院は大変かもしれませんが鼻の奥の汚れも取り除いて貰えるので最終的には一番確実な方法です。

何か有れば泣くのが赤ちゃんですが、鼻づまりは音がするので分かりやすい症状です。病院はもちろん普段のお手入れも欠かさないようにしましょう!







-健康と医学

執筆者:

関連記事

ナルコレプシーの症状 原因 治療がどんなものか知ってほしい

症状は突然、状況によっては危険な病ナルコレプシー この病気について随分昔にテレビで目にしたことが有るのですが、驚かせたり、驚いたり、ふとした事で突然身体が動きを失ってしまうという症状で紹介されていまし …

アニサキスの症状と治療とアニサキス症の感染経路と予防

生で海産物を食べる時は要注意!寄生虫アニサキス アニサキスという名前を聞いたことがあるでしょうか?実際日常生活で、ポンポン行き交う単語では無いと思いますが、日本の食生活文化とは切っても切れないであろう …

夏痩せと夏太りは体が冷える環境が原因!体を冷やさない工夫が必要

年々、暑くなる夏。ついついクーラーの効いた部屋に閉じこもりがちになりますよね。冷たい飲み物や冷たい食べ物に偏りがちにもなります。 そんな暑い夏になると夏痩せしたり、逆に夏太りしたりするのはなぜでしょう …

亜麻仁油の効果とサプリメントの上手な取り入れ方

亜麻 / pika1935 亜麻仁油の効果とお買い得感は人それぞれ!? 最近様々なサプリメントも流行っていますが、サプリメントだけでなく健康に有効な成分を含んだ商品も人気になっています。 亜麻仁油は同 …

家でできる予防救急とは?高齢者に備えたい予防救急の心得

予防救急とは?予防救急でできる高齢者の健康管理 予防救急、最近この言葉が使われるようになってきましたが、まだまだ生活に浸透しきれていないかもしれません。 私もハテナの側だったのですが、具体的には、救急 …

楽天市場