information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

家でできる予防救急とは?高齢者に備えたい予防救急の心得

投稿日:2015年2月22日 更新日:

予防救急とは?予防救急でできる高齢者の健康管理

rojin002



予防救急、最近この言葉が使われるようになってきましたが、まだまだ生活に浸透しきれていないかもしれません。

私もハテナの側だったのですが、具体的には、救急車に運ばれないようにするということです。健康を保ち、日頃から救急医療のお世話になる事態を招かないようにする、防ぐことです。

これが一番ですよね。若くても高齢者でも同じことです。今回は高齢者を対象として考えていきます。

お年寄りに多い怪我による身動きへの支障

年を取ると人間の身体は自然と言うことを聞かなくなっていきますし、それらは筋力が衰え、骨がもろくなることも原因一つですがその前に大きな要素が入ってきます。それは病気や怪我です。

特に転倒による怪我は、お年寄りには重篤な場合が少なくありません。若い時にはこんな事で…と思うような事が、悪くすると骨折してしまったり、骨折やひびまで行かなくても、痛みやしびれが残ってしまうことがあります。

骨折の場合は治りも遅くなっていますからそのまま寝たきりになってしまうことも少なくありません。

衝撃で後遺症が残った結果身動きが取りにくくなり、動けなくなることにも繋がってしまいます。事故などの不慮のケースはいつ起こるか分かりませんが…。

まず日常的な怪我の原因になる転倒の予防の為に簡単な方法で身体を鍛えるのが一番です。

転んで厄介なことになるのであれば出来る限り転ばないようにする!
という対策です。家の中でも階段に、部屋のちょっとした段差。結構足が引っ掛かってしまう場所は多いものです。

畳の継ぎ目だって油断は出来ません。まず足の運びを良くし、躓かないようにします。

<立って行う>




予防救急カレンダー、絵で見て分かりやすく!

rojin001

大阪府のサイトでは、この予防救急についての取り組みや資料をサイトで配布しています。

月ごとに画像が配布されていますから、印刷して使うと便利です。毎月異なった日常生活の危険への注意が記されていますから、誰が見ても分かりやすく。
大人からはお子さんへの注意もしやすくなっています。
大阪府/啓発グッズの御紹介

他にも施設職員向けのリファレンス、家庭向けのリファレンスもPDFで見ることが出来ます。

家族や身の回りの人が積極的に声をかけたり、一緒にやってみたりしてお年寄りに無理のないように運動をしてもらえるように出来るといいですね。

無理な動作は出来ませんが、できる事を地道に続けることで自然と身体は動くようになります。

私達も年齢を重ねると他人ごとではありませんし、身近に出来る運動を続けたいものです。







-健康と医学

執筆者:

関連記事

赤いほくろは老人性血管腫!?なぜできるの?その原因と治し方

老人性血管腫ができる原因とは?レーザーで除去する治療法と予防法 老人性血管腫の原因は具体的には分かっていませんが、毛細血管が増殖したものが盛り上がって皮膚の表面に見えているものです。また日差しによる炎 …

中途覚醒改善には生活リズムの改善が大切!漢方薬も試す価値あり!

中途覚醒の改善には早寝早起きがいい?生活リズムを取り戻す方法 一般的には早寝早起きと言いますが、眠くない時間に無理に寝床に入るのは逆効果です。 眠れないのに眠ろうとするのも結構イライラします。 活動の …

脳梗塞の症状と原因と予防!脳梗塞の前兆を見逃がさない!

脳梗塞は若くても油断は禁物! 寒いこの季節、この時期に発生しやすい脳梗塞。どれだけ危険でも、外から見えないだけに意識することも少なくなりがち。 ある日突然、脳梗塞の症状に見舞われて、言葉、体や手足の自 …

痔の症状と種類とジオン注射(ALTA療法)とは?

痔をあなどることなかれ 今では身近になった痔ですが、場所が場所なだけに、なかなか病院に行けずに、1人で痔の痛みや出血に悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 市販されている痔の薬にも良いものがありま …

ニコチン依存症の症状と治療 その治療期間とかかる費用について

ニコチン依存症のチェックと対応、調べてみました   喫煙習慣がある人にとっては、このニコチンの依存症は常に隣り合わせの症状と考えるべきものです。 仕事の休憩時間のホッと一息のつもりが、気づけ …