information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

家でできる予防救急とは?高齢者に備えたい予防救急の心得

投稿日:2015年2月22日 更新日:

予防救急とは?予防救急でできる高齢者の健康管理

rojin002



予防救急、最近この言葉が使われるようになってきましたが、まだまだ生活に浸透しきれていないかもしれません。

私もハテナの側だったのですが、具体的には、救急車に運ばれないようにするということです。健康を保ち、日頃から救急医療のお世話になる事態を招かないようにする、防ぐことです。

これが一番ですよね。若くても高齢者でも同じことです。今回は高齢者を対象として考えていきます。

お年寄りに多い怪我による身動きへの支障

年を取ると人間の身体は自然と言うことを聞かなくなっていきますし、それらは筋力が衰え、骨がもろくなることも原因一つですがその前に大きな要素が入ってきます。それは病気や怪我です。

特に転倒による怪我は、お年寄りには重篤な場合が少なくありません。若い時にはこんな事で…と思うような事が、悪くすると骨折してしまったり、骨折やひびまで行かなくても、痛みやしびれが残ってしまうことがあります。

骨折の場合は治りも遅くなっていますからそのまま寝たきりになってしまうことも少なくありません。

衝撃で後遺症が残った結果身動きが取りにくくなり、動けなくなることにも繋がってしまいます。事故などの不慮のケースはいつ起こるか分かりませんが…。

まず日常的な怪我の原因になる転倒の予防の為に簡単な方法で身体を鍛えるのが一番です。

転んで厄介なことになるのであれば出来る限り転ばないようにする!
という対策です。家の中でも階段に、部屋のちょっとした段差。結構足が引っ掛かってしまう場所は多いものです。

畳の継ぎ目だって油断は出来ません。まず足の運びを良くし、躓かないようにします。

<立って行う>




予防救急カレンダー、絵で見て分かりやすく!

rojin001

大阪府のサイトでは、この予防救急についての取り組みや資料をサイトで配布しています。

月ごとに画像が配布されていますから、印刷して使うと便利です。毎月異なった日常生活の危険への注意が記されていますから、誰が見ても分かりやすく。
大人からはお子さんへの注意もしやすくなっています。
大阪府/啓発グッズの御紹介

他にも施設職員向けのリファレンス、家庭向けのリファレンスもPDFで見ることが出来ます。

家族や身の回りの人が積極的に声をかけたり、一緒にやってみたりしてお年寄りに無理のないように運動をしてもらえるように出来るといいですね。

無理な動作は出来ませんが、できる事を地道に続けることで自然と身体は動くようになります。

私達も年齢を重ねると他人ごとではありませんし、身近に出来る運動を続けたいものです。







-健康と医学

執筆者:

関連記事

統合失調症の症状と原因!その時、家族の対応は?

統合失調症の症状と原因とは? 統合失調症という病気はご存知ですか?あまり聞きなれない病名かもしれません。2002年以前までは精神分裂病と呼ばれていました。 精神分裂病というとちょっとこわいイメージで、 …

口内炎の治し方!早く治すにはビタミン・イソジン・ケナログがいい!

虫歯も歯肉炎も歯槽膿漏も口内トラブルですが、これまた辛いトラブルが口内炎ですよね! よくきっかけになるのは口の中を噛んでしまうことだと思います。一度ならまだしも運が悪いと繰り返し同じ場所を噛んで次の日 …

毛虫皮膚炎の症状と治療はスギちゃんに聞けだぜぇ^_^

ガーデニングには毛虫皮膚炎に気をつけて 梅雨の季節も終わり、暑い夏がすぐそこまで来ていますね。週末ともなると、朝の涼しいうちにガーデニングをやられる方も多いのではないでしょうか? 私も家の小さな庭で草 …

トランス脂肪酸を含んだマーガリンの摂取にご注意!

植物性イコール健康にいい、は間違いだった! 最近、東日本大震災による影響に限らず世界レベルで牛乳が不足しています。そのおかげでチーズやバターの値上がりは半端なものではないです。クリームチーズなど本当に …

ナルコレプシーの症状 原因 治療がどんなものか知ってほしい

症状は突然、状況によっては危険な病ナルコレプシー この病気について随分昔にテレビで目にしたことが有るのですが、驚かせたり、驚いたり、ふとした事で突然身体が動きを失ってしまうという症状で紹介されていまし …