information base

~情報発信基地よりあなたへ~

健康と医学

手足口病の子供の登園はいつから?

投稿日:2013年7月13日 更新日:

手足口病にご注意




今年も7月に入り、手足口病の流行る季節になってきました。5月から8月が手足口病が流行る季節だそうです。

幼少のお子様をお持ちのママさんは保育園、幼稚園での手足口病の感染をご心配のことと思います。手足口病のピークは夏のプール感染が多いこともよく知られています。



2歳以下のお子様に感染が多くみられ、 4歳ぐらいになるとほとんどのお子様が手足口病にかかります。

手足口病は主にコクサッキーウイルス、 エンテロウイルスによって感染します。

夏風邪の一種とされる手足口病ですが、通常の風邪と同じく、鼻汁・唾液などから の感染が多く、また、便にウイルスが含まれていることもあり、園児のおむつの扱い方にも注意が必要です。

手足口病の症状

手足口病の潜伏期間は3~6日間で、 症状として、最初に発熱が出て、口の中が痛くなり、よだれが出やすくなります。

手の平や足の裏、お尻、手の甲や足の甲、 膝や肘にまで水ぶくれや虫さされのようなブツブツができます。

熱はすぐに下がり、水疱も3~5日で引きます。

まれに、口の中に口内炎のような物ができて、食事がままならないことがあります。

そんな時は、イソジンのうがい液を薄めて綿棒に染み込ませ、患部を消毒するといいそうです。

手足口病の治療

手足口病は小児科か皮膚科で診察されるといいです。

小児科の先生は子供がかかりやすい手足口病には詳しいでしょう。

診察されると、飲み薬と水疱につける軟膏が もらえます。




手足口病の子どもの登園


熱も下がり、水疱も引くとお子様は何もなかったかのように元気になりますが、 ウイルスは、まだ口中から1~3週間、 排便から3~5週間出続けます。

よって、厳密にいうと、感染してからひと月は感染の可能性があるので、保育園、幼稚園には登園しないほうが無難なのですが、実情はそういうわけにもいかない家庭事情もあって、 実際的には発熱、水疱が出ている3日間ほどお休みするというのが常のようです。

手足口病での登園判断というのは、医療機関と園の間でかなりギャップがあるみたいです。

手足口病は登園停止の指定になる病気として、登園許可書を求める園もあるそうです。

そのため、かかりつけの医療機関とお通いになる園とご相談して、ご判断することとなると思います。

最後に、手足口病には予防接種がないため、予防法としては、風邪の予防と同じく、手洗い、 うがいの励行が一番望ましいです。







-健康と医学

執筆者:

関連記事

ペスト菌は身近に存在する?ニューヨークの駅でペスト菌発見!?

実は身近に存在していた?!ペスト菌 ペスト菌と聞くと、かつてヨーロッパの人口を激減させた病気として、恐ろしい病気として認識されている病気ですね。 日本では黒死病と呼ばれていると思います。昨年2014年 …

アニサキスの症状と治療とアニサキス症の感染経路と予防

生で海産物を食べる時は要注意!寄生虫アニサキス アニサキスという名前を聞いたことがあるでしょうか?実際日常生活で、ポンポン行き交う単語では無いと思いますが、日本の食生活文化とは切っても切れないであろう …

ルイボスティーで妊活!妊娠しやすくなる5つの秘密とは?

ルイボスティーで妊活・ベビ待ちされる方が増えています。ルイボスティーがなぜ妊活中・ベビ待ちの女性に人気なのか?ルイボスティーの5つの秘密をお話しましょう。 ルイボスティーで妊活・ベビ待ち!妊娠しやすい …

ピロリ菌の症状と検査と除菌について 

ピロリ菌の正式名称 梅雨も明けて暑い夏が来ましたね。でも、ジメジメと湿気の多い暑さがしばらくは続きそうです。熱中症と食中毒には気をつけたいものです。 食中毒の原因といえば、細菌、ウイルス、自然毒、化学 …

江崎グリコのアーモンドの効果とは?アーモンドに含まれる成分がスゴい!

アーモンドで痩せる?アーモンド健康法とは? アーモンドは日頃からチョコレートに入っていたり、お菓子の材料だったり、そのままお酒におつまみにも活躍してくれる食材です。 そんなアーモンドの栄養価は実はかな …