information base

~情報発信基地よりあなたへ~

社会

地球温暖化の現状とその原因、また今後の影響と対策について

投稿日:2014年1月14日 更新日:

地球温暖化の現状

ondanka001



この数年、夏場に猛暑日が続くといったような酷い暑さですよね。そんな時に思い浮かべるのは地球温暖化という言葉です。

地球全体の気候が温暖になる自然現象の呼び方として用いたりするものの、今私たちの認識にある通り地球温暖化”問題”は私達の生活の変化が影響を及ぼしている気温の上昇についてを指し示しています。

重ねてフェーン現象、温室効果ガスという言葉を聞くとそれだけで夏が憂鬱になるものです。

長い時間経過を通しての気候の変化は起きていて、氷河期のように寒くなったり、反対に暖かくなっていたりしていたのではないかと言われています。

もし今が暑くなる周期中であるのならば良いのですが、どちらにしても、雪が降らない土地で雪が降ったり、寒いはずの土地で信じられないほど暖かかったりと何十年単位で起こり得ない天気に見舞われる地域が出るなどの異常気象は黙って見過ごせるものではないと思います。

見ていると地球は温暖化していないという事を唱えるデータもありますが、地球の大気の流れがおかしくなっていなければ赤道直下で雪が降ったり、氷点下30度の土地で冬に17度になったりはしないと思うのですが。

地球温暖化の原因は二酸化炭素が主体

地球温暖化の原因としては、環境問題を取り上げる時に言われる温室効果ガス、いわゆる二酸化炭素の比率がもっとも大きいです。

温室効果ガスと呼ばれるものの種類は他にもメタン、一酸化二窒素、フロンがありますが比率として二酸化炭素が8割近くを占めています。

二酸化炭素自体は呼吸して吐き出せば発生する珍しくもない生活と隣合わせの物質ですが、日頃馴染みの車の燃料などの化石燃料を燃やしたり、大規模な焼畑農法などによる発生の量が尋常なものではないと言えます。

もっとも悪いのは、二酸化炭素を吸収する焼畑と森林の伐採でしょう。

この二点については熱帯雨林での暮らしの豊かさを守ってくれるはずの大きな樹木をためらいもなく切り倒し、燃やし、土地を畑に使うための更地にしてしまうことです。

が、現地の人の暮らしを維持するために皮肉なことに畑での生産物の増産が必要であるのをどう解決していくべきかは未来に対する課題でしょう。

また、化石燃料をなるべく用いない移動手段を作ることも必要になってきますね。

自動車ではその開発も進み、電気で走ってくれるものもありますが、買い換えるのは簡単なものでもなく、エネルギーを補充するための電気スタンドも不十分です。

切ってしまった木を植えていくにしても、アマゾンを作るだけの立派な木に育つまでは少なくとも20年単位であり、50年、100年といった単位で見ていかなくてはなりません。

また、温室効果ガスを出すのは機械類だけではなく、家畜のゲップにもメタンが含まれるそうです。

むやみに肉を食べるために繁殖させているわけにもいかないですね…。

目先の豊かさを求めて後の世代に対して重荷を背負わせることになる事を私達の世代が意識し、人口密度が高い国、開発を進めている国、今先進技術を開発している国の全てが責任を負わなくてはならないことです。



地球温暖化対策、日本での温室効果ガス削減の動き

kogyou001

おそらく、日本での環境問題対策でもっとも有名なのは京都議定書だと思います。

目標の年度までに、削減数値の目標を達成するというのが簡単な内容です。

しかし、1990年に打ち立てた目標よりも後に立てた目標の方が削減率が少ないということで海外からの非難を浴びる結果になっています。

実際私個人の意見では日本だけが他の先進国に責められる筋合いは無いと思うのですが。

日本よりも人口が多い国はありますし、国土の広さを考えれば日本など取るに足らないはずです。

そこでの削減が全世界にどれほどの影響を及ぼせるのかということを考えてみると、これから開発をしようとしている国よりも遥かに影響が低いと思うのです。

しかし、削減量を日本で減らす発言をしたのは事実で、怠っていると受け取られたとしても仕方が無い反応なのでしょう。

少なくとも、現状でヨーロッパと日本のディーゼル車に用いる軽油の性質が違う以上そこは削る余地があるとしてもです。

それでも、日本だけに押し付けられるのはどうにも心外なのですが。

地球温暖化対策でもしできることがあるとしたら

現実的には、まず木を伐採した土地に木を植えること。

育つのが早い木と、育つのが遅い木、様々な種類で風土に合ったものを育てねばならないでしょう。

ある土地では特定の木を特産品としていますが、その木ばかりを育てるので花粉症が増えていますから。

多少不便でも生活してきたのなら、山を切り崩して道を広くするのを考えなければそれは出来ることだと思います。

楽な仕事は無いものですが、インフラ整備を司る土木作業、山の自然を守る林業、食生活を守る農業は負担に対してあまりにも給与が少なすぎます。

特に森林は土砂崩れの災害を守るのにも役立つのですから、激甚災害の数を僅かでも減らせるはずです。

今の若い世代が大人になり、子供、そして孫が生まれるときのことを思うと今は既にテレビの世界の大衆娯楽に大金を費やすべきではない段階でしょう。

そしてインターネットの普及で、世界中の様々な品物を通販で簡単に購入できるようになりましたが、それらを運ぶ為の燃料費も考えれば、貴重品はやはり貴重品である意識も持てると思います。

よほどの遠方への移動でもないかぎりは歩いたり自転車を使うなどで燃料の消費を抑えることも出来るでしょう。

でも、一人で頑張っても効果は上がらないのは明白です。

地区単位、県単位、それから地方、国、そして世界全体で考えなければ解決しないでしょう。

どちらにしても、今の温暖化が人間の開発が影響しているのだとしたら、最終的には今でいう文化的な生活を手放すところまで行ってしまうのかもしれませんね。







-社会

執筆者:

関連記事

育児休業給付金の延長手続きはいつまで?会社へ出す必要書類は?

お子さんを無事出産しても働くママは仕事復帰に向けてお子さんの預け先のことや自分の仕事のこと・・・考えることがたくさんありますよね。 保育園も待機児童の問題等で入所できないことも多いのです。預け先が決ま …

コンプライアンスの意味と違反事例!

コンプライアンスとは法令遵守のこと? コンプライアンスという言葉を最近よく耳にします。あなたも聞いたことありませんか?コンプライアンスという言葉は知っていてもその意味合いはあまり知られていないかもしれ …

自動ブレーキシステムの安全性はいかに?誤作動と事故の関連性

ハイテク化が目覚ましい自動車 最近はガソリンを使わない電気自動車はじめ、目的地までの自動運転が可能な車も実験段階とはいえ存在していますね。 ドラえもんのうたのよう一節に有るように、出来たらいいな、が現 …

セブンカフェ煎れたてコーヒーコンビニ界一人勝ちのセブン-イレブン

セブンカフェ コーヒーマシーン / yto セブンカフェ コンビニ大手セブン-イレブンのコーヒー一杯 朝の通勤時の一杯に大好評のセブン-イレブンのセブンカフェ。100円で美味しいコーヒーが飲めるとあっ …

福島の洋上風力発電で原発代替!?洋上風力発電のメリットデメリット

洋上風力発電に注目!原発の危機を知らしめた福島第一原発事故 2011年3月11日東日本大震災における福島第一原発事故は、住民の生活、そして沿岸での漁獲物の安全性に多大な影響を与えました。 原子力発電に …